mattari sampo in ノルウェー&バンクーバー

保育士のバンクーバーとノルウェーでの日々の記録。 Where there is a will, there is a way.

ワーホリで保育の仕事探しの方法!

 この間、2個目の仕事ゲットした!

っと書きましたが、 

じゃあ1つ目の仕事をどうやって見つけたんだって話ですよね。

 

これは本当ラッキーな話

我慢強すぎたのとちょっと馬鹿だった話がごちゃ混ぜになっています。

 

私の場合、やりたい仕事が飲食関係でなく

 

専門職の”保育士”だったので

他のワーホリの人とは探し方が少し違ったかもしれません。

 

準備する書類

 

レジュメ

 

Reference letter ×3 

(知り合いの人からの紹介状みたいな物。

 元職場から貰ったりするそうなのですが、カナダでの職務経験もボランティア経験も

 この時はなかったので、

 ・Collegeの先生

 ・エージェンシー

 ・コッチの移民権のある知り合い

 からいただきました。)

 

Cover Letter

Thank you Letter

 

この2つのレターはネットで見つけた物をコピー&ペーストで自己作成。

なので英語的に間違っているか定かではありませでした…

 

 

私の仕事探しの流れ

 

求人サイト(craiglist, indeed,kiggii,また保育園関連の独自の求人サイトなど)

または直接保育園のHPで求人を見つける。

   ↓

園に直接コンタクトをとる。

 ・電話で求人をしているか確認し、レジュメを送らせてもらう。

 ・最初っからメールで連絡を取る。

 この時にレジュメと一緒に送るのが”Cover Letter”です。

 このレターの内容ですがザックリ言うと、

 "求人情報をみて是非応募したくなりました。

 短い自己紹介(自分の売り込みをしっかり盛り込んだ)、

 時間を取っていただいてありがとう、

 このポジションに考えてもらい近い未来お会い出来ると嬉しいです”

 みたいな感じです。

   ↓

連絡がきてインタビュー(面接の日を決める) 

   ↓

面接

   ↓

”Thank you Letter”を送る。

 

この内容はザックリ言うと、

今日は時間を取ってもらいありがとうございます。

話を伺って興味がわき、このポジションをやれる自信もあります。

最後にもう1度感謝、未来の求人での何か質問でもあったらここに連絡ください。

"

見たいな感じで、面接後に職場に送ります。

↓ 

結果!?

 

 

めっちゃザックリした流れですがこんな感じです。

 

一応1週間の就職に向けてのちょっとした授業もあったのですが、

英語が出来なさすぎてコツみたいなのがいまいち分からず…

 

Letterの添削もしてもらったのですが、就活する時には状況が変わっていたり

結局は応募先ごとに作り替えたので、最終的には自己流になってしまいました><

 

さて、次は実際の私の仕事探しについてです。

 

興味がある方だけどうぞ。