mattari sampo in ノルウェー&バンクーバー

保育士のバンクーバーとノルウェーでの日々の記録。 Where there is a will, there is a way.

お家であるもので作れる"Sensory Bag"!!

私の大好きな"Sensory activity=五感遊び"の中でも、

 

1番よくやっていた…

"Sensory Bag"

を今回ご紹介させていただきます!

 

以前も、五感遊びについてご紹介させていただきましたが、

 

今回ご紹介する"sensory bag"は、子どもの月齢にもよりますが、

簡単!

安全!

汚れない!

そして、可能性がいっぱいあるので種類も豊富!

 

f:id:mattarisampo:20170715102230j:plain

 

子どもが飽きたら、すぐ中身を新しくできるので

エンドレスに楽しめます:)

 

 

必要なのは2つ。

 

今回のはお家であるもので作れる

"油と水のセンソリーバック"

 

材料は

ジップロック 2枚

・食料油

・水

・食紅  *お好みで

 

乳児用に作ったので、

ジップロックは子どもが引っ掻いたり、噛み付いても

すぐには漏れないようジップロックは二重

 

中に入れるのは口に入れても大丈夫な食料品のみ。

ただ食紅は漏れた時に色が落ちにくいので、お好みで!

 

ちなみに、私がやった時は1枚目が破れて段階で新しいのに取り替えたり、

油のバブルが透けるのが楽しいのと、

手でもって遊ぶよりも長持ちするので、

よく窓に養生テープで貼っています!

 

他にも、ウォッシャブル(洗って落ちる)絵の具で色を付ければ、

簡単には落ちるのですが水が少し濁ってしまうので

もし、私のように光を透かしても楽しみたい場合はオススメで来ません><

 

作り方は、

2重にしたジップロックに、

食紅を入れた色水に油をいれて終了!

f:id:mattarisampo:20170715102254j:plain

 

この簡単さが、いいんですよね〜!!!

 

ちなみに混ぜると、こんな感じです。

f:id:mattarisampo:20170715102333j:plain

 

これは、

水の弾力や冷たさを感じる感触遊びの部分も、

油にの泡を作ったり、消えていく様子を観察する簡単なサイエンス(科学)な部分も、

少し大きい子だと"どうして泡が出来るのか?"と質問しながら

膨らませていけるので、楽しいんです♡

 

お手軽なのですが中に入れるものによって、

楽しみ方が無限に広がっていくので

今後も機会があれば紹介していきたいです。