mattari sampo in ノルウェー&バンクーバー

保育士のバンクーバーとノルウェーでの日々の記録。 Where there is a will, there is a way.

<テーマ:海> ペットボトルで作れる簡単なオモチャ"Sensory Bottle"+今月の"Sensory Bag"

以前話したSensory Bagの他に良く作る手作りオモチャがあります。

 


同じようにSensoryなので"感覚"を刺激するような物なのですが、

今回はバックでなくボトルを使用します。

それがこちらの・・・

 

Sensory Bottle

 

上で紹介したSensory Bagと作り方も一緒なのですが今回用意するのが"Bottle"

 

これはペットボトルやビンですかね。

透明で壊れにくく蓋がピッタリ閉まる物なら代用出来ると思います。

 

f:id:mattarisampo:20170723093310j:plain

今回は海がテーマでしたので用意した材用は…

  • 貝殻
  • 小さい魚のフィギュア
  • 青のグリッター
  • 食紅

作り方は至ってシンプルで簡単!

毎度の事ながら以上の材料をボトルに入れるのみ!

 

これは念のためグルーガンで蓋を固定しましたが、

子どもが開けられないのであれば無くても大丈夫です。

 

 

今回は表面がでこぼこのボトルしかありませんでしたが、

欲を言えばこんな感じの表面がフラットのボトルが

中身が屈折無くよく観察出来るので好ましいです!

用は表面が平であればGood!もし無ければ普通のボトルでもちろんOK!

 

今回使ったグリッターがキラキラしてていいんですよね。

ただ降ってキラキラをずっと観察している子も多いです!

f:id:mattarisampo:20170723093331j:plain

 

もちろん、中に何入ってるかな?の質問に

目をこらして中身を観察しては"おさかな!"

"Look!さかなが泳いでるよ!"(ボトルを振った後揺れている姿を見て)

など可愛い反応が見て取れました!

 

このSensory Bottleで一番お手軽なのに楽しいのは、

  • 食器用洗剤

私はこれに色を付けるのですが、洗剤ってお家に必ずある物ですよね?

振って泡を作って、その泡が消える様子を眺め又振って。

とっても単純なのですが、子どもの興味をガッツリつかむのですよ!

 

お手軽なのでお試しあれ〜。

 

海がテーマ 今月のSensory Bag

サブテーマはビーチ

f:id:mattarisampo:20170723093413j:plain

材料は

砂(塩)をおすキュッキュとしか感触も楽しいし、

砂(塩)を増やして隠れているヒトデや貝殻探しをしても◎

 

水ビーズ(water beads)のSensory Bag

f:id:mattarisampo:20170723093432j:plain

材料は

このビーズの独特の食感を触っても潰してもいいこのバック!

さらにビーズを上に押し上げて動かすのを楽しんでいた子もいましたし、

光が射す所においておくと光が透ったり反射したりするのを眺める子も。

 

f:id:mattarisampo:20170723093508j:plain

そして、お好みで水を入れるとビーズが見えなくなるので、

f:id:mattarisampo:20170723093528j:plain

子どもがバックを押して初めて顔を出す不思議バックに早変わり。

 

こんな風に中身を変えるだけで子どもの感覚を

あらゆる方向から刺激するSensoryのBagやBottleが

私は大好きです!!!